COLLECTIONART × モーション自慢 Kinetic

脇田愛二郎「HELIX」エスキース
  • 脇田愛二郎「HELIX」エスキース
  • 脇田愛二郎「HELIX」エスキース
  • 脇田愛二郎「HELIX」エスキース
  • 脇田愛二郎「HELIX」エスキース
  • 脇田愛二郎「HELIX」エスキース
  • 脇田愛二郎「HELIX」エスキース
  • 脇田愛二郎「HELIX」エスキース
  • 脇田愛二郎「HELIX」エスキース

脇田愛二郎「HELIX」エスキース

■商品番号 : 0931
■作家 : 脇田愛二郎
■技法 : スチールロッド立体造形
■エディション : なし 作家本人保管品
■サイズ : W74.5 x 32.5 x 39.7cm
■価格 : ¥180,000- (税込¥198,000-)

洋画家 "脇田和"の息子、彫刻家・造形作家の"脇田愛二郎"が生前使用していた都内アトリエに残されていた鉄の立体造形。
氏が数多く残した金属彫刻シリーズ「HELIX」の創作モチーフとして用いられたのではないかと想像できる立体のエスキース。
湾曲させたスチールロッドを溶接し造形したジオメトリックフォルム。一見、感覚的につなぎ合わせたかのように見えますが、曲線のカーブや連結角度などフォルムの全てが幾何学的な計算に基づいて設計された「HELIX」の創作プロセスが潜んでおり、類似した造形の設計プランはプロセスアーキテクチュア出版の作品集【 AIJIRO WAKITA 】でも観ることができます。
また、氏が意図したかどうかは不明ですが、鉄材の表面は無処理のためサビに覆われ、氏が希求した「鉄の錆」の魅力をも無付加しているのかもしれません。
あくまで試作エスキースと思われますが、幅75cm近い迫力ある造形はこのままでも彫刻作品として充分な存在感を持ち合わせ、若くして急逝した"脇田愛二郎"の創作の息吹が感じ取れる貴重なピースと言えるのではないでしょうか?

HOW TO ORDER

モーション自慢
を含むCOLLECTION

  • 脇田愛二郎「HELIX」のエスキース 無機質な構造体 その均衡と衝突 ゴールドメタルの協奏曲 モダンキューブの時計台 80's SEIKO <黒とクロームそして四角と円> SEIKO  80's の「リ・デザイン」発想 光り煌めく 1 Swing! Swing! Swing! Rosenthal
  • 円弧メタリックの揺らぎ 「PLAN-DO-GOING /  計画-実行-出発せよ!」
Miracle Cube by Steuben 時を刻む小宇宙 MYSTIC SLOPE スイスのピタゴラスイッチ「CUBORO」 和音を奏でるカルダーモビール 世界が認める万華鏡アート F.Meisler アート界の超合金 「トレーダー」 時を刻むキネティックアート
  • 手塚時計の真っ赤な ガラスの立体絵画 ガラスの惑星 ガラスの惑星 インゴ・マウラーの「太陽」 伊原通夫 WIND+KINETIC
伊藤隆道「光と動き」
  • 池原 建築の象徴 アトミックでアンティークな天球儀