COLLECTIONCRAFT × 日本びいき Japonism

1989年
  • 1989年
  • 1989年
  • 1989年
  • 1989年
  • 1989年
  • 1989年
  • 1989年

1989年 "黒川雅之" デザイン「EN」富山高岡 竹中銅器 花器

■商品番号 : UG12G01
■デザイン : 黒川雅之
■メーカー : 竹中製作所
■制作年 : 1989年
■素材/技法 : 銅合金 「煮色」
■サイズ : Φ60 × H188 (mm)
■価格 : ¥15,000- (税込¥16,500-)
箱付きデッドストック品

プロダクトデザイナー "黒川雅之"が1989年代に富山の高岡銅器のメーカー"竹中製作所"との出会いでデザインを手がけた工芸シリーズ「EN」の花器。
伝統工芸の技法にモダンデザインの視点でアプローチし当時世界中で話題を呼んだ製品です。
トップに擦り鉢状の口縁を持つシンプルな円柱状のフォルムに、独特の風合いを醸し出す「煮色」という技法で生み出された美しい表情を与えた凛とした佇まい。 「煮色」とは類稀な職人技で銅の合金を反応させ多様な輝きをもつ色彩と文様を浮かび上がらせる特殊技法で、現在では再現不可能な表現となっている貴重な工芸。
日本を代表するデザイナーと日本の匠の技が出会いで誕生した不世出のアイテムです。
※余談ですが、シリーズ名の「EN」は創作のプロセスで出会った高岡の職人さんや工芸技術と出会った「縁」から名づけたものではないかと推測しています。 そして、全くの偶然ですが、この解説を記載している前日に黒川雅之さん自らがこの「EN」に付いて語られているオフィシャルyoutube動画<日本の伝統色、煮色 |青銅のテーブルウェアー EN 1989 : 未来への遺言 Ep.69>がアップされていて参考にさせていただきました。このことにも個人的に非常に強い「EN / 縁」を感じています。

HOW TO ORDER

日本びいき
を含むCOLLECTION

  • 岡本太郎と中村正義そして粟津潔 日本現代美術界の革命 伝統工芸と東京オリンピック'64 オールド香蘭社「青藍の双魚」 昭和初期 日本のバザレリ図案 緑茶のための 「曲げわっぱ」転生したらクロックだった件 イタリア製「雪だるま」by スペイン製
  • 揺れる”丹頂” 阪急ファイブ オープン記念品 欧米好みの「YAMANAKA KUMIKI」 雑誌の揺りかご
漆黒と朱のコンソール 日本陶器会社(オールドノリタケ)ラスター彩ベース 江戸のデザイン。 ドイツ製 Domus 「MANHATTAN」フロアスタンド 笠松栄 折り紙の椅子 伝統工芸とポストモダンの融合
  • 高沢圭一の美人な皿-2 高沢圭一の美人な皿 北欧スウェーデンの鶴 岡本太郎と中村正義 日本美術界の革命展 緋座布団に座るモダンスカルプチャー 粟津潔 木版画「花札想:五月菖蒲」 山下了是の金魚 ニッポンのモダン染織