COLLECTIONART × 規則あり Geo Op composition

1972年 脇田愛二郎「Continuation-16-11」シルクスクリーン
  • 1972年 脇田愛二郎「Continuation-16-11」シルクスクリーン
  • 1972年 脇田愛二郎「Continuation-16-11」シルクスクリーン
  • 1972年 脇田愛二郎「Continuation-16-11」シルクスクリーン
  • 1972年 脇田愛二郎「Continuation-16-11」シルクスクリーン
  • 1972年 脇田愛二郎「Continuation-16-11」シルクスクリーン
  • 1972年 脇田愛二郎「Continuation-16-11」シルクスクリーン
  • 1972年 脇田愛二郎「Continuation-16-11」シルクスクリーン
  • 1972年 脇田愛二郎「Continuation-16-11」シルクスクリーン

1972年 脇田愛二郎「Continuation-16-11」シルクスクリーン

■商品番号 : SK23G13
■タイトル :「Continuation-16-11」
■作家 : 脇田愛二郎 (1942-2006)
■制作年 : 1972年
■技法 : シルクスクリーン
■サイン : 直筆鉛筆サイン
■エディション : 5/5
■サイズ : 額 W425 × H425 (mm)
イメージ W205 × H205 (mm)
■価格 : ¥48,000- (税別)

彫刻家・造形作家として数多くの彫刻作品を残した"脇田愛二郎"。版画作品も数多く制作し、MoMAに収蔵されているのも彫刻ではなくシルクスクリーン。
この作品は1972年に東京国立近代美術館で開催された「第8回東京国際版画ビエンナーレ展」に出品した作品"Continuation-16-X"のシリーズのバリエーションの1点。同シリーズは現在も同館に収蔵されています。
大きなブルーの正方形の画面の中に、オレンジの斜線を2方向に引き並べて現れる小さなスクエアのエレメント16個を4x4で交互に配置。エレメントそれぞれが「連続し」「繋がる」視覚効果で、大きな織り柄のようなグラフィックを描き出すジオメトリック表現です。
二次元作品にも幾何学的連鎖や反復、奥行きのあるオプチカルな表現が多く、本作はその全ての要素が集約され、氏の出発点と言える代表作。エディション5部の価値ある版画作品です。

HOW TO ORDER

規則あり
を含むCOLLECTION

  • 面と線・連続と反復 「Continuation-16-7」脇田愛二郎 面と線・連続と反復 「Continuation-16-11」脇田愛二郎 光の鱗を纏うCzech Glass Fish Château Mouton-Rothschild × Yaacov Agam Yaacov Agam〜半円のランデブー
Yaacov Agam〜三角形のランデブー NASA &国防省の電子頭脳 Ludwig Wilding:黒と白の視覚的3次元構造
  • 菊と宇宙。 ”脇田愛二郎” 「ピラミッド鳥瞰(正方形と対角線)」 「膨らんだり窪んだり」ヴァザルリなグラス Luc Gensollen 陰と陽の「曼荼羅」 オーストリアの輝く「花弁」 70年代テキスタイルデザインが刻む時 ガラスの中の無限宇宙
  • 四角の視覚 キュートなキューブ 「メタルの渦潮」テーブル 山田照明 on the ムラノガラス 片山利弘 2.5次元の世界 時を刻むレトロテキスタイル 目に見える関数「波紋」 目に見える関数「彗星」と「重力」 目に見える関数「z=axy」&「z=(x²-y²) 」 ハリウッドセレブを魅了した「
  • ハリウッドセレブを魅了した「 沢田哲郎 グラデーションの空と地平 木原康行 永井一正 昭和の Top of Rya Rug Brazilian Optical Art Animal 弦が織りなす光の彫刻 Mondrian Art Furniture デンマークの光の交響曲
  • 光と影の階層ピラミッド Rosenthal 幾何学的ツイスト ヴァザルリ教育博物館の記念碑 河原敏文 気鋭のデジタル表現 70's High Mode  壁面に光る「構成」 空間に浮かぶ「構成」その3 空間に浮かぶ「構成」その2
  • 空間に浮かぶ「構成」 Swiss JASS “Geometric”
「青の花風車」Rosenthal Thomas Tribute to Guttuso & Crippa & Fiume Baumann's Standard Expo'58 Atomium マンセル教授の Luc Gensollen「ワープした光の流輝」 M.フライヤー造形の真骨頂「等高線」 壁面の八ヶ岳
  • Baumannの日食 脇田愛二郎の平面彫刻 日本の匠のオプアート(L) 日本の匠のオプアート(M) 杉と光のスパイラル
栄木正敏のオプアート 特大オブジェ!山中組木 永井一正 EXPO'85
永井一正 凹凸レリーフ'68 永井一正 凸凹レリーフ × Yellow
  • 永井一正 凸凹レリーフ × Blue Naefの原型プレイアート モノトーンの波
トライアングル スパイラル Friedrich Geiler Denmarkデザイン 光のシンフォニー
Otl Aicherのサインデザイン リチャードジノリのモダンなタイル Victor Vasarelyのセラミック オプチカルグラデーションのクロス
  • KOSTA Morales Optical Gradation 無限のゴールドスパイラル 日本抽象彫刻のパイオニア 金属糸の放射造形 馬場雄二:デザインアート作品 = クロック 4色4態の構成 重なる垂直と水平そしてマル-1 重なる垂直と水平そして三次元-1 重なる垂直と水平そしてマル2 9色8対の半円が造り出す無限の視覚世界
  • ヤコブアガムの完成形立体照明 アガムには珍しいレアグッズ M.フライヤー造形の真骨頂「等高線」 北欧デザインのミル。 永井一正&JIDA 必然の組合せ