COLLECTIONART × 民の鼓動 Folk&Primitive

三代 宮田藍堂 宏平作<br/>蝋型鋳金ブロンズ 「悠容」
  • 三代 宮田藍堂 宏平作<br/>蝋型鋳金ブロンズ 「悠容」
  • 三代 宮田藍堂 宏平作<br/>蝋型鋳金ブロンズ 「悠容」
  • 三代 宮田藍堂 宏平作<br/>蝋型鋳金ブロンズ 「悠容」
  • 三代 宮田藍堂 宏平作<br/>蝋型鋳金ブロンズ 「悠容」
  • 三代 宮田藍堂 宏平作<br/>蝋型鋳金ブロンズ 「悠容」
  • 三代 宮田藍堂 宏平作<br/>蝋型鋳金ブロンズ 「悠容」
  • 三代 宮田藍堂 宏平作<br/>蝋型鋳金ブロンズ 「悠容」
  • 三代 宮田藍堂 宏平作<br/>蝋型鋳金ブロンズ 「悠容」

三代 宮田藍堂 宏平作
蝋型鋳金ブロンズ 「悠容」

■タイトル : 悠容
■作家 : 三代 宮田藍堂 宏平
■素材/技法 : ブロンズ
蝋型鋳金 欅台座
■サイン : 台座に銘板

■サイズ : W160 × D130 × H380
(mm/台座込)
■価格 : SOLD

新潟県佐渡市の鋳金作家、三代宮田藍堂/宮田宏平の蝋型鋳金ブロンズ像「悠容」
宏平氏の祖父にあたる初代から続く宮田藍堂(みやた らんどう)を襲名、三代藍堂として戦後の昭和期に活躍した彫金作家です。
蝋型鋳金とは佐渡の佐和田地区のみで伝承される蜜蝋と松脂で練り上げた塊から作品の基礎を形作る独自の製法。
当作は昭和41年の日展菊花賞受賞者「悠容」と銘板に題された一連の作品の一つ。悠々とした鷹の一点を見据える視線と鋭く尖った爪、そしてブロンズの質感が相まって崇高なオーラすら感じる作品です。

HOW TO ORDER

民の鼓動
を含むCOLLECTION

  • 津軽 民芸の共演 西ドイツ 民芸の赤と青 木田安彦 あの入浴剤「箱根」の木版画 ペリアンを魅了した「竹」の美 「Tamami Shima-Ukiyoe」 リビングで飼える「山羊」 佐渡伝承の蝋型鋳金
Bjorn Wiinblad 蔵人達の醸す技 民藝 型絵染の頂点
  • 日本民藝の宗教画
崖に建つ陶の家 柳 宗理「用の美」のうつわ 未来都市ブラジリアの戦士
スペイン最強?の牛 北欧スウェーデンの道化師
森のお医者さん、梟先生 ボーンホルムブルー
荷を担ぐ人
アルゼンチーナの表現力
  • Ceramic African Figureの頂点 藤戸竹喜 ユーカラエカシ Scandinavia Primitive Craft 1964年発行「日本の郷土玩具」 昭和8年 真綿用の養蚕用具オブジェ アステカの太陽石がモチーフ Rorstrand 北欧民話の1シーン ネイティブな空想のいきもの 粟津潔の木版画 絆のタワー!!重岡建治
  • メキシコの陽気なモダンアーティスト 北欧の原始的モダンアートセラミック 笠間焼は色々ユニーク。