COLLECTIONART × 広く抽象 Abstract

五十嵐 威暢「水平な気分 / Horizonal Feeling」Wood Sculpture
  • 五十嵐 威暢「水平な気分 / Horizonal Feeling」Wood Sculpture
  • 五十嵐 威暢「水平な気分 / Horizonal Feeling」Wood Sculpture
  • 五十嵐 威暢「水平な気分 / Horizonal Feeling」Wood Sculpture
  • 五十嵐 威暢「水平な気分 / Horizonal Feeling」Wood Sculpture
  • 五十嵐 威暢「水平な気分 / Horizonal Feeling」Wood Sculpture
  • 五十嵐 威暢「水平な気分 / Horizonal Feeling」Wood Sculpture
  • 五十嵐 威暢「水平な気分 / Horizonal Feeling」Wood Sculpture
  • 五十嵐 威暢「水平な気分 / Horizonal Feeling」Wood Sculpture

五十嵐 威暢「水平な気分 / Horizonal Feeling」Wood Sculpture

■商品番号 : QK16G02
■タイトル : 「水平な気分 / Horizonal Feeling」
■作家 : 五十嵐 威暢
■制作年 : 2000年代
■サイン : 裏に本人鉛筆サイン
■素材 : 木材、スチール
■サイズ : W2005 × D35 × H250 (mm)
■価格 : SOLD

日本を代表するグラフィックデザイナー"五十嵐 威暢"による彫刻アート作品 「水平な気分 / Horizonal Feeling」
パルコやサントリーの企業ロゴデザイン、アクソノメトリック図法を使ったタイポグラフィ、エッジの効いたプロダクトデザインなど多くの企業クライアントのデザインを手がけた後、1994年に25年に渡るデザイナー活動を中止し、ロサンゼルスへ拠点を移し彫刻家へ転身。2004年に帰国後、現在も精力的に創作活動を行っています。
アイテムは帰国後に制作された、彫刻彩色した細長い木を幾重にも積層し、長さ2mものフレームに収めたアート作品の大作。横方向の水平な流れと、色や形が異なるピースが創り出す表情は、制作地の故郷でもある北海道の広大な大地から臨む地平や、自然豊かな起伏、山々など様々な風景を連想をさせるおおらかで気持ちの良い抽象彫刻です。
グラフィックデザイナーとして商業デザインのフロントランナーを走り続けた五十嵐氏が、真の自己表現を求めてたどり着いたアート作品。手にした自由と安息が生み出すのびのびとした作風の中にデザイナー時代から続く平面と立体を融合させた世界観も垣間見られ、"五十嵐 威暢"という表現者の行き着いたデザインとアートの到達点と言える魅力的な作品です。

HOW TO ORDER

広く抽象
を含むCOLLECTION

  • うねる女体 オノサトトシノブ「Silk-76」  意思を持った”梯子”たち 「TENSOR」原健の幾何概念 無限の螺旋立体 「杭谷一東」 彫刻の版画表現
増幅する鉄のトライアングル
  • Jan Tesar 灯りの抽象彫刻 増殖する鉄の多面体 ガラスを載せた抽象彫刻 Modenini Textures Art Modenini ”曼荼羅” 今井由緒子「波状面」 ”Jan Tesar” for idee のアートワーク
透明な一対のブレード 脇田愛二郎 バネと四角錐の鳥瞰
  • 左右非対称の引力
エレメントの集合体
生命を宿したムラノガラス Daum France 漆黒の肢体
Daum France 琥珀色の裸婦像
上に伸びる傘が意味する物?
パンドラの箱 紙の魔術師 STROKES GEORG JENSEN 曲がる大きな四角柱
  • 流れる曲線模様を象った作家の鉄器トレー 「Peace, Harmony and One」 木下 繁 「三人の女」 オブジェの台頭を促した挑発的展覧会ポスター ニョキニョキ!!重岡建治 和風モダンアートの隠れた天才 モダンの典型。メタルデコレーションアート 絵本作家が油絵で描いた赤い世界 戦後の御婦人の御用達「オシャレ手袋」の脇役 大原富夫の木製彫刻。
  • スペインの美しい彫刻。 書。(その一) 書。(その二) 80年代の景観オブジェ。 彫刻を着ける。