BLOG

 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■< Focus Item : 店頭商品 >■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

日本生まれの貴重なソファ2点が入荷しました。

*

1960年竣工、羽を広げた蝶のような美しい容姿を持った建築「新潟市体育館」や
ニューブルータリズム建築「日大理工学部5号館」などの代表作の設計で知られ
戦後日本の建築史に大きな功績を残した建築家 "宮川英二"がデザインしたソファ
ご縁のあったご親族から是非に、とお譲りいただきました。

IMG_4582.jpg  IMG_4551.jpg

バックボトムからフロントに向けて上昇するような美しいアーチを描くアームフレームは
驚くことに一本の無垢材を削り出して作ったソリッドパーツ。
まっすぐ確りと座面を支えるシャープなフロントレッグとのコンビネーションが
力学的安定感と流麗なルックスを兼ね備えた建築家ならではの意匠。
ただならぬ存在感を放つ、宮川英二が残した唯一と言って良い家具デザインのレアピースです。

何かの賞を受賞した作品もしくはそれに関係する作品であるらしいのですが
ご親族もそれ以上のソファ制作に至った背景などは伝え聞かれておらず詳細は不明。
当店で、さらにリサーチし、情報を付加してコレクションにて紹介したかったのですが
それを待たずに店頭にてご売約となりました。

売約済み商品で大変申し訳ありませんが、
貴重な記録の意味も込めて是非皆様にご紹介したく掲載させていただきました。


もう1点は、深いお付き合いのある"CONDE HOUSE"さんのロングライフソファ
" アルプ " デイベッド / ソファですが、こちらも、チョッと特別なポイントが.....

conde_house_alp_sofa_william_morris.jpg

"William Morris / ウィリアム・モリス" デザイン「Fruit」ファブリック張り
"CONDE HOUSE" 限定オーダー製品 "アルプ LD" デイベッド / 2.5P ソファ
SIZE : W1860 × D750 × H810 / SH400 (mm) 
PRICE : HOLD

このソファの張り地は、アーツ&クラフツ運動を先導した
"ウィリアム・モリス"デザインの生地「フルーツ」したもので
"カンディ・ハウス"さんがかつて一時期だけ正規に採用していた特注用ファブリック。

1973年の発売以来、今でも人気の高い "アルプ "モデルはユーズドも多数ありますが
この生地をオーダーで使用した個体は極めて希少です。

背クッションファブリックのボタンじめ付近に1箇所破れの修復、
座クッション後部にシミ汚れがあります。



**********************************************************
商品に関するお問い合わせはコチラからどうぞ。


2022.0112 12:00|author:graphio/buro-stil|

ページTOPへ

ブログインデックスに戻る